タグ:LEICA M9 ( 63 ) タグの人気記事

オーストラリア滞在記(cairns)

ところ変わってケアンズ
同じ国とは思えない、「ムシあぢぃ!」レイニーシーズンらしい
(タスマニアのウッドドアとまた違って木枠も南国っぽい模様だよね←変にマニアックかな?あ、南国の方がタスマニアか、あはは!)
f0097682_1623335.jpg




でもグレートバリアリーフでGT、ボーンフィッシュ、パーミットのグランドスラムに挑戦!
f0097682_18123082.jpg



うっそ〜!
釣りはコリて?
現地のコッテコテのアジア系移民になりすましw
f0097682_18203092.jpg


リーフの玄関口、グリーンアイランドでマッタリ癒されてきやした
f0097682_7431677.jpg



ライフガードを撮るふりして奥のおトップレスのお嬢様を〜?
何人かいらっしゃいましたがこの距離で精一杯ね(笑)
この時ばかりは望遠レンズを持ってこなかったことを後悔しました(爆)

f0097682_7463548.jpg

ということで滞在記これにて終了させていただきます

「人吉のKAZちゃんのリクエストによりロングバージョンでお送りいたしました〜」



おまけは?ちょっとだけよん♡
[PR]
by goosemaker | 2012-04-07 07:42 | life | Comments(4)

オーストラリア滞在記(connected friend)

タスマニアから再度メルボルンへ
その足で市内いくつかあるフライショップの中でも一番大きなお店
コンプリートフライフィッシャーに立ち寄った。
2Fにあるお店にロッドチューブと30kg近いバッグを汗だくで引きずって
アジア人が階段をガタガタ音たてて入ってきたので店員さんちょっと驚いたみたい(笑)
f0097682_1005964.jpg


おかげでお店の人とはうちとけられて、タスマニアのこととかいろいろ話が出来てよかったのですが・・・

そこで店員からこう聞かれた


店員:「ところで、あの宝石みたいに綺麗なジャパニーズヤマメってお前も釣ってるのか?」

オレ:「もちろん!とても賢いチェリーフィッシュだよ! あれ?なんで"ヤマメ"って名前知ってんの?」

店員:「このDVDみてから大好きになったんだよ!知ってるかこれ?」っとおもむろにDVDのコネクトを差し出した

店員:「このコンフルエンスフィルムの作品がオレのお気に入りでさあ、特にこのコネクトが好きでその中でも日本のが一番好きなんだ!」


そして店員話が止まらなくなる(笑)

店員:「そんでこれに出てくるマサ・カチマタのジョークがちょ〜ウケるんだよ!
    あのスコットのジミー捕まえて"赤いフラットでフラップなキャップがどうのこうの”とか、
    決め台詞で"He is my brother from another mother!"とかさあ〜!すげ〜日本人がいるもんだなって!彼はサイコーだよ!」


オレ:「同感、同感!この3シリーズオレも大好き!コネクト最高!マサも最高!」
   「コネクトのカメラマンってディカプリオとかケン・ワタナベが出てた映画の〜、
    あのビルとか地面がクニャっと曲がってくる最近あった映画、そのカメラマンが撮ってるんだって!あ〜題名思い出せない〜〜」

オレ:「彼は日本でも有名なフライフィッシャーマンなんだよ。これから日本帰って東京で彼と会う約束してるから、君のこと必ず伝えとくよ!」

店員:「え〜?マジで?マジで?マジで〜??? お前知り合いなの〜?そう言えばお前もScott好きみたいだもんな〜笑」

オレ:「あ〜大好きだよ!え?なんでわかったかな〜笑」

店員:「シャツとそのロッドケースみりゃ〜〜!わはは・・・・」

店員:「是非"お前のフアンがメルボルンにいるぜ!”ってマサに言っといてくれよな」

オレ:「アイウィル!ダフンナリー」

そんな感じでやりとりしながら記念撮影
f0097682_1047633.jpg


日本のヤマメが世界の釣り人に知れわたるって、なんか嬉しいよね!

そしてぼくらは
俳優マサ・カチマタのおかげで、そして「コネクト」という1本のDVDのおかげで繋がった(コネクトでした)・・・
f0097682_10492781.jpg



やっぱり海外から日本のことを褒められると嬉しい!
[PR]
by goosemaker | 2012-04-04 14:34 | flyfishing item | Comments(5)

タスマニア滞在記(fishing3)

レイクボツフォード
約外周2km、全域ウェーディングできるシャローな水たまりだった
f0097682_9504985.jpg

釣り人も何人か見受けられた
f0097682_1450401.jpg


車を止め釣りキャンプしているような彼らのところにおじゃました。
「Goodday Mate!(グダイマイ!)日本から来たんだけど、この湖はどんな感じ?ハッチやライズはある?」
一見イカツイ感じだったが、すごくいい人たちに思えた。(フライキャンパーだからかも?w)
f0097682_14511993.jpg


彼らはここにキャンプして三日目で、朝夕は良型を釣ったらしいが
日中は厳しいとのこと
「だから日中はちょっと釣っては腰掛けて、ゆっくりこの景色を楽しんでいるのさ」
f0097682_140165.jpg


「だけど日中もチャンスがないわけじゃないぜ!
せっかく日本からきたんだ!どうだい俺たちと一緒にやってみるかい!」
f0097682_1354433.jpg


なんか「屈斜路のマッタリキャンプフィッシング」みたいな空気感がここには流れていた(笑)
もちろんご一緒させていただいた。

しかしライズもハッチもないけど、魚を見つけてからキャストするべきだろうと思っていた僕・・・

彼「それじゃだめだよ、ゆっくり前進しながら叩いて釣らないと!鱒はそれほどスプーキーじゃないからキャストは、5m先反射で水面下は見えないしフライの見える近距離でいいよ。」
「このフライ使えよ!」
フライはイマージャーとここで呼ばれているフライを差し出した
フライショップ、フィッシングガイド、ショップでアドバイスしてくれた地元エキスパート、みんな全く同じものをくれた。
よほど釣れるフライなのだろう・・・
それは#14の全体がチョコブラウンでダークグレーのポストウィングの着いたフツーのパラシュートパターンだった
f0097682_1444372.jpg


それから2時間、結局魚をみることはできなかったけど、これはこれで素敵な時間だった
ほんとタスマニアの釣り人たちはみんないい感じだね!

時間も押していたけどラストチャンス
あと一時間だけ昨日行ったリトルパインラグーンへダメモトで寄り道
風のナビキ以外は静まりかえっている湖面に
「また今度リベンジに来てやる」っと思いながらタタキ歩いていた(笑)
(後で知ったけど、お〜ここFF誌2012年3月号93ページの場所じゃんよ!)
f0097682_14374030.jpg


すごく楽しかったけど、、、釣りびとの性「正直ズーボはしょげる!」帰りはチンモクだったらしい(笑)
f0097682_1439062.jpg


ホバートまですっ飛ばしておばあちゃんファミリーとの食事もちゃんと間に合い、
悔しさまぎれに?またお腹パンパンで幸せな時間を過ごしたのでございました
f0097682_14441833.jpg


タスマニアのためにわざわざ新調した釣り竿セットも魚の感触を染み込ませることもなく、
しずかにしず〜かに納竿です(笑)

タスマニアよ!また次回まで・・・
f0097682_15105429.jpg

[PR]
by goosemaker | 2012-04-03 15:16 | flyfishing trip | Comments(4)

タスマニア滞在記(fishing2)

昨日のガイドフィップスからのアドバイスで、本日のポイント2択

 曇って天候が悪かったらいいハッチの期待できるリトルパインラグーン

 天気ピーカンならポーラライジィング(サイトフィッシング)できるであろうナインティーンラグーンズの中のとあるところ

なかなか的を獲たアドバイスだと、、、で時間もあまりなかったけど次回来た時のためのリサーチと思い後者選択!

タスマニアで最もメジャーで大きな湖グレイトレイクを横目に
ハイランドレイクスロードを走ります
f0097682_10532176.jpg

グレイトレイクからず〜と舗装してない!
ここハイウェイなのに・・・
f0097682_10174022.jpg


ダートな道をかっとばしてようやくインフォボードへ
f0097682_13361511.jpg


「ナイティーンラグーンズ」ってマップにどこにも書いていない
指定されたいくつかのラグーンの名前も見当たらないのもある
しかし道は合っている。どうやらジモティ用語らしい・・・?
「しっかしこのオビタダシイ湖の数!マッタリユッタリとサスライキャンプしたいものですな〜」
f0097682_12133855.jpg


ここを左折するとさらに道は狭くなりダート!
何とかセダン車でも走れる・・・
そして散々のワラビーやウォンバットらを交わしながら走行
f0097682_1219443.jpg


しかしまあ、ここら辺の景観は走っているだけでなんか気持ちいい
11時になろうとしていて「もう早く釣りしたい!」という焦りの反面、
「フィップスから教えてもらったパラダイス」をつきとめたいとも思っていた
f0097682_12263235.jpg


ダート道をひた走ってやっとレイクエイダまで来て、ゲート口で足止めされた
ここからは4WD限定のサインが・・・「なに〜」
ちょっと行こうとしたがかなりダート過ぎて無理!断念!
しょうがなく引き返して、いい感じのラグーンさがす

ロッキーラグーン!ウオ臭くなさげ?なのでスルー、釣りもしていないのに偉そうに肩組みだけしてカシャ!w

f0097682_1322674.jpg


そしてここ「レイクボツフォード」がなんとなく良さげだったので(早く竿も振りたかったし)
とりあえず行ってみることに
f0097682_15434630.jpg



つづく
[PR]
by goosemaker | 2012-03-30 13:37 | flyfishing trip | Comments(2)

タスマニア滞在記(fishing)

いよいよフィッシングネタ?!!(っといっても魚の写真はありませんが)(笑)

タスマニア滞在三日目の朝、おばあちゃんのヒュンダイのマニュアルセダンを借りて二人でタスマニアの中央高地ハイランドエリアへ出発
f0097682_1421285.jpg


夢のタスマニア
当然釣りのイメージも真っ青なビッグスカイ、シャローフラットのレイク、ヘッド&テイルでクルーズするビッグブラウン・・・

実は半年がかりで妄想してw、念入りにググってリサーチして
今回行きたい場所もある程度目ぼしはつけていました。
ググった場所は大きな湖は避け浅くウィードの茂るラグーン(潟)
中でもfly onlyのペンストックラグーンとリトルパインラグーンにはちょっとだけでも覗いてみたいと思っていました。

でも今回アンディとダイの「お膳立て」で知り合いのフィッシングガイドをお願いすることに。
「常識的にタスマニアの2000以上の湖や入り組んだ川、ましてやアクセスもプライベートエリアが数多く悪路な高地で二日間だけの釣りとなると絶対ガイドは雇うべき!」とは重々承知していましたが、
正直なところ内心気はすすみませんでした。
理由はいろいろですが、一番の理由は正味一日半しかない限られた時間でイメージと違うやったことのないイギリスのロッホスタイル(ボート釣り)に半分以上の時間を取られたくないという思いでした。

でもピークのシーズンを過ぎたタフな時季の3月、今年から続いている悪天候、とにかくナマ情報が一番欲しかったし、なによりA&Dの好意を断るのもナニがアレなので
一日だけお願いすることに・・・

そこで登場!A&Dの友人フィップス・オンスロー氏(タスマニア公認トラウトガイド)
f0097682_1505193.jpg


A&Dとの親交も深いらしく(釣り以外で)、フィッシングガイドというよりは「知り合いのおじさんと釣り!」みたいな感じ・・・

合流するや否や、たくさん情報をインプットするべくいろいろお話しさせていただきました・・・

ほどなく現場到着!
彼が期待していたというペンストックラグーンは今回避け、リトルパインに行くことに。。。
行ってみたいところだったからわたくしハイテンション!

すると、なんと!
f0097682_15161736.jpg
(クリストファーのボート)

偶然にもFF誌でみたことのある唯一のtassie flyfisher2人に遭遇(クリビッ)
一人は、来日して北海道で釣りをした経験のあるタスマニアンガイドのクリストファー氏と、
もうお一人は来る直前に読んだ2012年3月号のFF誌「黄金を運んだ曾祖父」タスマニアブラウントラウト史の伝説の人?マイケル氏
ガイドのフィップスも彼らと良い友人らしく、いつも無線でコンタクトしていた。

なんでも一昨日まで世界中から(多分7カ国)集まる数年に一度のイベント「ワールドフライフィッシング大会」がここで開催されていたらしい・・・

前置きが長かったけど(かなりはしょったけどね)
11時くらいからボートに乗って釣り開始
f0097682_15414650.jpg

この日は一日中突風
風が止むと25度くらいで暖かいが、とにかく風が冷たくダウンセーターとソフトシェルでやっと寒さを凌げる感じだった。
かわいそうなカメラマンF

ロッホスタイルで釣り開始
Scott S4 855/4 Hatch 4+Finaticでドライでたたく・・・
f0097682_16102890.jpg


ハッチもライズもないしあまりの突風につきヒッパリ系にスウィッチ!
Scott T2H 1085/4Hatch 5+Finatic! 
スマートフィッシング!スナップTで風のストレスなく・・・
「スイッチロッドはやっぱ楽しい!」
f0097682_16234853.jpg


フィップスの言った通りチョコブラウン#14のメイフライダンが2時くらいからハッチが始まった。
でもライズはない。
ドライに再度切り替え、流れに乗せて進むボートからフライが視認できるくらいの近距離でひたすら叩きまくる。
かなりの数のハッチだったが魚のスイッチがイマイチ入っていない感じだった。

2度ほどライズのスイッチが入り(数分間)その間は反応してくれたが、
かなりタフな一日だった。
結局フィップスも夕方までほとんど一緒に釣りして45を筆頭に3匹
僕は泣き尺2匹(笑)

彼曰くここまで釣れない日は珍しいかったらしい・・・?(笑)

いい釣りは出来なかったけど、一日ガイド(というより一緒に釣りを楽しんだ)をしてくれた彼と
なによりずっと凍えながら写真を撮ってくれた彼女に感謝したい!

彼お手製の弁当の画
フィップス「ほれ見てみろ!ワザワザお前のために日本製のバンブーボックスに入れて来たんだぜ」
ボクは弁当箱横に書いてあるハングル文字は見なかったことにして
ちょっとオーバー気味に感謝した(笑)
でもちょ〜美味しかった!
f0097682_16453190.jpg


一日中頑張って発した「渾身の数発のボクのイングリッシュジョーク」もすべてスルーされていたけどw

もの静かで紳士的な態度で接してくれたジェントルマンガイドTROUT TONICオーナー
「日本のみなさん、タスマニアに来たらよろしくね♡」とのことでした。

f0097682_17133952.jpg

ペンストックラグーンの彼の別荘に呼ばれたけど、丁重にお断り申し上げ
明日の「なんちゃってサイトフィッシングの旅」の準備をするのでありました・・・
[PR]
by goosemaker | 2012-03-28 18:38 | flyfishing trip | Comments(4)

タスマニア滞在記(Mt.Wellington)

おばあちゃんとの時間は、早く祖父母を亡くした僕にとって
どこか懐かしくて温かく見守られているような・・・そんな居心地
f0097682_1335028.jpg

最初に昼食をとり、Mt.ウェリントンへ出発
昨日までは最高でも20度ちょっとだったらしいけど今日は30度を軽く超えていた。あちぃ
f0097682_1364695.jpg

市街地から30分で1270mの頂上へ
f0097682_13172148.jpg

頂上は照りつける日差しはチクチク痛いけど、風が冷たい。
「さぶ暑い」不思議な感覚
日本にないこの独特の気候は好きだな〜
f0097682_13174716.jpg



おばあちゃんのお気に入りの街リッジモンドへも
この街にはイギリスなどから移民した当時のままのタスマニアがあった
f0097682_13545243.jpg

f0097682_1356989.jpg

f0097682_1356303.jpg


古いモノを見ると興奮するいつもの癖で、無心にシャッターを押して写真機におさめていた・・・
床や犬走りのヤレ具合にヤラれる
f0097682_142098.jpg

f0097682_1444998.jpg

f0097682_1453456.jpg

f0097682_1455790.jpg

f0097682_1461511.jpg

f0097682_14294246.jpg

f0097682_14295759.jpg





[PR]
by goosemaker | 2012-03-23 14:33 | life | Comments(4)

タスマニア滞在記(car shop)

おばあちゃんのお家のすぐそばにこんな怪しいお店発見!
f0097682_16142585.jpg


vwバスが売られている・・・
街乗りならいいけど、
f0097682_1616595.jpg


鱒たちの宝庫ハイランドエリアだと4WDが絶対条件!!
これかな?
f0097682_16454322.jpg

妄想はタダだからね(笑)

タスマニアはかなりのVW車が走っていました
また機会あればVW車「熱烈投稿」しちゃいます

[PR]
by goosemaker | 2012-03-21 16:21 | vwbus | Comments(2)

タスマニア滞在記(おば〜)

連日ヒデブー君!メルボルンからしゅっと2時間で州都ホバートにほどなく到着
風が強い!さすがタスマニア!
前情報では今年は雨続き!でも不思議に今回晴れ男でした。
滞在5日間の前後1週間はずっと雨だったらしいです
f0097682_13154280.jpg


おばあちゃんのお出迎えで空港を出発
f0097682_14342113.jpg


マニュアルカーを巧みに運転しながらおばあちゃん染み染みと、
「わざわざ約束守ってタスマニアまで来てくれてほんとにありがとう、来てくれただけでも胸がいっぱいだよ!たくさん観光もさせてあげたいけどねぇ・・・」
f0097682_14392787.jpg


me「の〜グランマ、観光しに来たんじゃないよ!おばあちゃんに逢いにきたんだよ、
おばあちゃんが83年間どんな人生を歩んできたのか聞きに来たんだよ!
でも釣りにも少し行くけどね!?あははは」
GM「ありがとう、そう言ってくれてうれしいよ」そう言って寄り道して以前住んでいたゴルフ場エリアに案内してくれた
f0097682_14453612.jpg

ゴルフコースに隣接するカルく敷地200坪以上はある広い家だった。
f0097682_1449768.jpg


そんな話をしながら現在一人で暮らしているおばあちゃんのお家に到着
f0097682_13184644.jpg


おばあちゃん83歳ちょ〜元気だね!!!
f0097682_13231682.jpg

f0097682_13234016.jpg



これからまたまた少しの間釣りとは関係ないのですが自分の日記として、
また「大好きなおばあちゃんに敬意を表し」写真を添えて書き綴らせていただきます

[PR]
by goosemaker | 2012-03-19 14:00 | life | Comments(3)

オーストラリア滞在記(west family)

お隣さんの親交の深いウエスト一家にもお世話になりました。
f0097682_1348271.jpg
f0097682_1349312.jpg


久々会うや否や最近リフォームしたマイルームに案内する愛らしい娘たち
f0097682_13502185.jpg

「あ!ジョブス」と思ったら違いましたw
f0097682_104716.jpg

夫婦共に弁護士というご一家
職業のイメージからくるもの?は皆無で
家族みんなホントとても気さくで温厚、ヘンな東洋人の僕も妙に心地いい家族なのです。
f0097682_1352745.jpg



前回訪れた際の結婚式の撮影で見事にアシスタントをしてくれた彼(2009撮影)
f0097682_10582412.jpg

もうすっかりイケメンボーイ
f0097682_10384450.jpg


今回も市内のフライショップに今から行きたいというと
いろいろとサポートしてくれました。
f0097682_1111258.jpg


「日本に遊びにきたら数倍にして返してやるからな〜w」

[PR]
by goosemaker | 2012-03-14 12:33 | life | Comments(2)

オーストラリア滞在記(Andy&Di)

アンディとダイアナのうちにくると(行くと)いつも毎食美味しい食事とワインが待ち構えていますw
f0097682_13122589.jpg

「昼食に飲む白ワインの旨さ」を新たに発見w
f0097682_13143215.jpg


なんとランチにも前食のstarterつきです。ビールが旨い、やべ〜よw
f0097682_13191232.jpg

ニックとカサンドラそして新生児ジャクソンも合流
f0097682_1331968.jpg


ちょっと夕食が入りそうにないのでまたエクササイズ
f0097682_13155986.jpg
f0097682_13175174.jpg



A&Dは大のワインつう
コルクを開けて空気にさらす時間まで ワインの種類によって変えています
ちなみにこれは6時間くらい
f0097682_13455855.jpg


「自称なんちゃってワインつう」の小生、こっそり貯蔵部屋に潜入w
ワインセラーに彼女の一番のお気に入りペンフォールドBin389がたくさんあるではないか〜
しかも年代別に寝かせてある〜〜
f0097682_13324326.jpg



え,まじ?この隣部屋にもこれと同じセラーもうひとつ発見!
更に奥を見るとセラーに入りきれず部屋中箱入りのワインがごろごろ、ざっと見数百本・・・
「これ〜空き瓶じゃないよねw」 「わわワインバーよりすごくねっ!」ww



・・・そうこうしてるうちに夕食の準備が
f0097682_14103485.jpg

f0097682_14242427.jpg


オーストラリアの代表的な家庭料理ローストラムチョップ 絶品!
f0097682_1411584.jpg


当然夕食もスターター付きでした。
なんか冷静に考えてみるに、
日本の常識からしてこの日はガッツリ一日5食 喰らっていたような気がします
(ヒデブゥ)

[PR]
by goosemaker | 2012-03-13 15:12 | life | Comments(0)