懐かしい本

まだ中学生だった頃、僕はミャク釣りとルアーに没頭していました。

どうしてもフライをしたくて、なけなしのお年玉でリョービのフライタックルセットを購入!

こんな長崎の片田舎なんてフライしてる人なんてみたことありません。

毛を針に巻いてタイイングするということも分からず、

釣具屋さんにある”7連ドロッパーのハエ釣毛針り”をラインに直結(笑)

やり方は「釣りキチ三平のニンフの誘惑」をみただけ・・・

当然ライントラブルの嵐!

釣キチ三平のBGMだけが先行して頭の中でコダマします。

そんなおちゃめなカワイイ少年時代、何らかのフライの情報を探していましたが、

当時本屋さんに行ってもお土地柄でしょうか、磯釣りの本しか置いてません。

フライの本や雑誌が発売されていることすら知らない僕は、

Angling、ましてやダグスィッシャーとカールリチャーズの・・・なんてまだ知る由もありません。


でもこの本を初めて本屋さんのビニ本コーナーの横で見つけたときの感動を今でも覚えています。

どうせ買えないはずのビニ本コーナー付近をドキドキウロウロしていたムンムンのハナタレ少年は、
早々とその本を見つけて購入し、何度も何度もその本を読みふけったのでありました・・・

f0097682_13434529.jpg



田舎の少年が初めて買ったこの釣り本!
実はウミオサルちゃん、のブログを見て久々にこの本のことを思い出したのです。

「あ~もう一度この本見てみたい!」

でも、もうどこかに無くしたのか捨てちゃったのか、もうありません。

「誰か~~~!」

と思っていた矢先に、昨夜近所の”バナゴニアのハタボーくん”ちに遊びに行ったときのこと。

 彼とは去年ひょんなことから知り合ったのですが、

彼も同じくして佐世保で少年の頃からフライフィッシングに嵌っており

僕よりはるかに物知りで物持ちがよく?、今ではパタアロハをまといつつバナゴンに乗っている

希少~な人物。

彼の口癖・・・

「ぐーちゃーん、メバルがさ~~、このキラキラなのでさ~~~~~、ググッとさ~~」

「ぐーちゃーん、オーストラリアはさ~~~~、あ~~~~羽根があればさ~~~」(上目使いに)

「ぐーちゃーんさ~~、早く8番ロッド買ってさ~~~、あのショッカーマークのリールつけてさ~~~」


バリバリの(死語?)フライマンだった彼の口からは、今ではお塩系。メバルと夢馳せるオージーの話がメインである。

そんな彼にumiosaruくんとこのコメについて説明して、本のこと話したら

「ぐーちゃ~ん、これのこと~~?」

っと、たくさんのタックルや書物に囲まれたアトリエ部屋からその本を出してきた。

「スンゲ~~~~!この人」



もう懐かしくて・・・

未だに脳裏に焼きついている記事の写真をまた見ることができました。

ん?表紙をめくるとピカピカのヨンマルが・・・  

f0097682_13442797.jpg




同じ匂いのするウミオサル君とハタボー君のコラボな懐かしいプレゼントでした。









可愛い”バナゴンの母”さん

こんな風に旦那を紹介しちゃってごめんね、昨日の100円チョコでチャラにしてね(笑)
[PR]
by goosemaker | 2008-05-10 13:49 | flyfishing item | Comments(9)
Commented by バナゴンの母 at 2008-05-10 15:44 x
今度のお土産はチョコレートケーキにしてね。

Commented by goosemaker at 2008-05-10 16:02
難しいな~
100円のチョコレートケーキなんて(笑)
Commented by KFFC at 2008-05-10 18:54 x
そうそう、長崎にはフライなんてなかったもんねぇ~~。
おじさんが始めたのも長崎時代・・・。
S57からだった・・・。
Commented by alfa156akira at 2008-05-10 21:58
“凄い”の一言です。
ボクも中学くらいにフライに興味をもちました。
ボクはシェイクスピアが初めてのタックルでした(笑)
ほんでもって休業期間の市民プールに忍び込み、幼児用プールに立ち込んキャスレしてました。もちろん本なんかの解説だけの知識ですので、無茶苦茶でしたねぇ(苦笑)
Commented by umiosaru096 at 2008-05-11 17:59
商品カタログページの、ミリオネアやファントムを散々眺めて悩んだのに結局バンタムを選んだシマノ党のブロガーumiosaruです。

たしか裏(表?)表紙はブラックバスのイラストですよね?
湯川ブルックの記事にゃ~憧れました。
今も文中の「まっちざ何とか」や「ちょ~くすとり~む」ってヤツは理解不能なのですが・・・

追伸・当時の私はヨンマルはジープだと思ってました。(笑)
    今朝はど~も、良い釣りを!
Commented by タッキー at 2008-05-12 22:27 x
はじめまして。私も中学生の頃、この本でFFを知りました。今は、実家の本棚に眠っていることでしょう。懐かしく思い、ついカキコしてしまいました。
Commented by goosemaker at 2008-05-14 17:01
モッチーさん
やってた人はいたのでしょうが、接点がないですもんね~
ニアミスしてたかもね・・・?

アル髭さん
市民プールで立ち込んでキャスレ?  キモイです(笑)
僕は田んぼでキャスレでした!     オサレ~(笑)

ウミオサルさん
懐かしい・・・、小6のとき始めて買ったリールはバンタムでした。同じく最初ファントムは手が出なかった(笑)

この本やっぱりあなたも・・・、湯川の記事は少年の憧れでしたねん
今見ると当時のダンディでエキセントリックなファッションが、ある意味新鮮!
因みにP25の女性の写真のコメに「北海道○○湖で出会ったカワイコチャン」というフレーズが好きです。(笑)
朝はわざわざ見送りに来てくれて(笑)、ありがとうございました。
やっぱりチミ、カッコよかったよ!

タッキーさん
はじめまして。まだこの本をお持ちとは・・・
今読み直してみても、やっぱ楽しいです。
帰省された際は、懐かしい「あの時の少年時代」にもう一度タイムスリップされてみては?
Commented by KFFC at 2008-05-14 20:24 x
タッキーちゃんは、同じ○崎県人だよぉ~~♪
Commented by goosemaker at 2008-05-15 10:25
え~?宮崎県人っちゃわ~!(笑)

少なくともこの本の愛読者(FFマン)が長崎に3人はいたんだ!
っていうかたくさん知り合いのいるモッチーに脱帽です。
<< カメラ i wish... >>