rise

f0097682_13525171.jpg

九州地方は再三の雨、雨、雨!あまりよい釣りは期待できないと思い
近場の渓で茶を濁そうと思っていた。が、足が勝手に五木に向かっていた。
どうせ行っても増水してドライできんし・・・。自分の行動を自分で疑ってしまいます。

エンジンをかけて車を走らせるまでどこに行くか分らない・・・
まるで我が人生そのものです・・・ハイ。

せめてもの自身へのささやかな抵抗と言うことで下道オンリーで行ってみることに・・・





片道6時間。
高速使って4時間半(普通の車で4時間)、その差1時間半。もっとかかると思っていた。
3速オートマゆえ高速と違い燃費もがた落ちせず、距離も幾分短くなるので
気まま旅のときはいいのかも・・・

っと考える自分と、片道6時間もかけてわざわざ増水して釣りにならないって分かっていて
行くか~?
と呆れる自分と第三者・・・

現地に着いてみると30センチくらいの増水で遡行は厳しい感じ。
それでも稚魚のライズは見受けられました。ニンフィングもやりましたが、
釣果は結局数匹の稚魚放流されたと思われる魚体のみでした。

 でも久々に穏やかに晴れた渓、髪を触れるような涼しいやさしい風。
不思議と満足感を感じている自分。年かな・・・

帰りは二本杉経由で帰ることにしました。
この二本杉にはいい思い出がなく、以前釣りに行く途中にその山中で車との正面衝突。
相手の車はグッシャリ大破、僕のは何とか動く感じ。もちろん携帯は圏外だし、その日は
事故処理等でかなりのロス。結局3日間の釣りの予定が2日間となり痛い思いをしたのです。(それでも普通釣りするかぁ?)

そんなことが脳裏に浮かびましたがとりあえず近いので行くことに・・・

峠付近の展望台で優雅に写真を撮りつつ、澄ました顔でいやな思い出を振り切った。
すると山を降りかかる付近に「ブレーキのかけ過ぎに・・・注意」と看板を発見。
「いまどきこんな看板あるんだぁー、こんなとこエンブレだけで行けるか!」とぼやき二本杉に
別れを告げる。
しばらくすると 「なんとブッブレーキが効きましぇ~ん」
さすがに身の危険を感じそのまま近くの温泉へ。

そういえばいまどきの車に乗っていない自分に気づきました。
はじめ倍力装置が調子悪くなったかホースからブレーキオイル漏れ、
いやホースは新しく変えているし・・・
っと旧車オーナーの性か車の故障原因ばかり考えてしまいましたが、
温泉につかって分かりました。
そうです。「ベーパロック現象」です。(はよ気づけ)
いやはや車も温泉水でディスクローターをジューです。(明日オイルをDOT4に交換です)

ははは "ビバッ二本杉" やはり二本杉は最高です・・・

 因みにタイトルの「rise」ですが魚のライズではなく、川の増水の意味です。

 魚のライズじゃなくてごめんなさい。
[PR]
by goosemaker | 2006-05-21 23:37 | flyfishing trip | Comments(0)
<< プレデター gas >>