タスマニア滞在記(fishing3)

レイクボツフォード
約外周2km、全域ウェーディングできるシャローな水たまりだった
f0097682_9504985.jpg

釣り人も何人か見受けられた
f0097682_1450401.jpg


車を止め釣りキャンプしているような彼らのところにおじゃました。
「Goodday Mate!(グダイマイ!)日本から来たんだけど、この湖はどんな感じ?ハッチやライズはある?」
一見イカツイ感じだったが、すごくいい人たちに思えた。(フライキャンパーだからかも?w)
f0097682_14511993.jpg


彼らはここにキャンプして三日目で、朝夕は良型を釣ったらしいが
日中は厳しいとのこと
「だから日中はちょっと釣っては腰掛けて、ゆっくりこの景色を楽しんでいるのさ」
f0097682_140165.jpg


「だけど日中もチャンスがないわけじゃないぜ!
せっかく日本からきたんだ!どうだい俺たちと一緒にやってみるかい!」
f0097682_1354433.jpg


なんか「屈斜路のマッタリキャンプフィッシング」みたいな空気感がここには流れていた(笑)
もちろんご一緒させていただいた。

しかしライズもハッチもないけど、魚を見つけてからキャストするべきだろうと思っていた僕・・・

彼「それじゃだめだよ、ゆっくり前進しながら叩いて釣らないと!鱒はそれほどスプーキーじゃないからキャストは、5m先反射で水面下は見えないしフライの見える近距離でいいよ。」
「このフライ使えよ!」
フライはイマージャーとここで呼ばれているフライを差し出した
フライショップ、フィッシングガイド、ショップでアドバイスしてくれた地元エキスパート、みんな全く同じものをくれた。
よほど釣れるフライなのだろう・・・
それは#14の全体がチョコブラウンでダークグレーのポストウィングの着いたフツーのパラシュートパターンだった
f0097682_1444372.jpg


それから2時間、結局魚をみることはできなかったけど、これはこれで素敵な時間だった
ほんとタスマニアの釣り人たちはみんないい感じだね!

時間も押していたけどラストチャンス
あと一時間だけ昨日行ったリトルパインラグーンへダメモトで寄り道
風のナビキ以外は静まりかえっている湖面に
「また今度リベンジに来てやる」っと思いながらタタキ歩いていた(笑)
(後で知ったけど、お〜ここFF誌2012年3月号93ページの場所じゃんよ!)
f0097682_14374030.jpg


すごく楽しかったけど、、、釣りびとの性「正直ズーボはしょげる!」帰りはチンモクだったらしい(笑)
f0097682_1439062.jpg


ホバートまですっ飛ばしておばあちゃんファミリーとの食事もちゃんと間に合い、
悔しさまぎれに?またお腹パンパンで幸せな時間を過ごしたのでございました
f0097682_14441833.jpg


タスマニアのためにわざわざ新調した釣り竿セットも魚の感触を染み込ませることもなく、
しずかにしず〜かに納竿です(笑)

タスマニアよ!また次回まで・・・
f0097682_15105429.jpg

[PR]
by goosemaker | 2012-04-03 15:16 | flyfishing trip | Comments(4)
Commented by euroban_cv_93 at 2012-04-03 18:17
海外で見かける日本車ってカッコ良く見えますよね~

やっぱ性能は日本車でしょうけど~
Commented by goosemaker at 2012-04-03 18:48
euroban_cv_93さん
かなりじゃぱに〜ずピックアップカー走ってました
古い日産パトロールとランクル40が渋かったです。
日本のと違う仕様なのがとても魅力的ですね〜
Commented by ひよこ at 2012-04-04 07:55 x
かぁっこいい車に、かぁっこいい釣り人たち…素晴らしい景色。
ボーズでも満足じゃあ……ないですね(笑) またリベンジに行ってくらはい!
Commented by goosemaker at 2012-04-04 09:21
ひよこさん
もちろんリベンジです!
次回はキャンプスタイルで釣りしたいなあと・・・
MSRハバハバで夜を過ごして、起きてコーヒー湧かしてゆっくりカーミットチェアに座ってここの朝日を眺めながらゆっくりと釣り支度・・・みたいな!
でも、アメリカにも行きたいよな〜
妄想は尽きないね(爆)
<< オーストラリア滞在記(conn... タスマニア滞在記(fishing2) >>