のほほん釣りの旅1


釣行1日目
なんとまあ今日は釣り人の多いこと!
G.W並みの慌しさです。行けども行けども先行者が入っている。

何とかかわいいヤマメたちに挨拶をかわし、お昼からあちこちドライブがてら川の状況を見てまわることにした。

 どこの川も去年の災害で荒れ果ててはいたが、魚影はかなり確認でき、濃いように思えた。

災害が影響し魚たちの居場所が限られたためなのかな?

結局夕方まで筑後川水系から五ヶ瀬川水系へとぶらぶらとやり過ごし、
ファインダー越しに春の幸を楽しんだ。
f0097682_1555299.jpg









今夜は宮崎の釣友と落ち合う予定。
彼からある場所のイブニングリサーチをリクエストされ、そこに向かった。
僕も去年の春その場所で悔しい思いをしていた。尺は楽に越える奴にティペットをぶち切られてしまったのだ。トホホ・・・

 夕方現場に着くと先行者が入っていた。挨拶を交わし少し状況を聞いてみた。
今から上流300mくらいまでルアーで攻めるとのこと。
お互いの拳闘を祈り少し下流から行くことにした。
時刻は5時半。水面に目を凝らすとポツポツとオオマダラなどが見受けられる。
本命のポイントにベストの時間に入るため、少しずつタタキ上がることにした。

先行者はルアーだし、ハッチもまだチラホでライズはしていないからちょっと時間おけばいけるかも?

本命ポイントまでは1匹が反応したがのらなかった。

 だんだんハッチがピークになってきたころお目当ての場所に着く。
早速ライズ発見。迷うことなくオオマダラの♯10を結びリーチキャスト。

 次の瞬間ロッドにかすかなテンションを残しフライが宙を舞った。

その奥の2つの流れでもそれぞれライズしていた。
下流のライズはハヤっぽい。
どうしよう・・・
明日のイブニング友達はここをやるつもりだし、奥の奴らは彼のために取っといてやるべきか。

 いやここは獲っておこう!と思いキャストしてしまった。
が、なかなかいいドリフトができない。
そうこうしているうちにさっきばらした奴がまたライズを始めた。

数回頭の上でメンディングしてたのに、どうやら無邪気らしい。

幾らかの自分の「良心のカシャク」を反省しつつ無事にランディング。
f0097682_1885581.jpg

28センチの成魚放流された魚体でした。今年本流では多いらしいです。


さあ温泉につかって、キャンプ鍋で乾杯です。
f0097682_18344763.jpg

酔っ払ってピンボケです・・・
2日目に続く
[PR]
by goosemaker | 2006-04-10 18:46 | flyfishing trip | Comments(0)
<< のほほん釣りの旅2 VWエンジン >>